少年

波はあるけど定期的に好んで小説を読んでいる。独特の比喩表現小説の村上春樹、警察小説の大沢在昌や今野敏、社会派小説の池井戸潤、青春小説の石田衣良などが好きだ。特に石田衣良は読み出したら細くなる目をこすりながら布団の中で読んでしまう。少年たちの青春にグッとくる年頃になったようだ。

少年の定義は20歳頃までかもしれない。50歳近くのおっさんを表現するのに使う言葉ではないが、出会ったすべてを受けとめて成長してゆく少年たちの感情を描いた4teenのように、少年の感情を持ちながら一日遊びつくしたお話です。

ってか、久々に1日に3カ所で釣りをしちゃったおっさんのお話しです。ヘイワさんはおっさんだったっけ。

少年1

今日は夕方から台風の影響で荒れる予報。だから午前中にサクッと釣って帰ろう。だから空が白み始める前に集合しましょう、、のはずだった。

少年3 (2).jpg

荒れる予報とは裏腹に朝霧に包まれ静寂な朝を迎えた。台風前のなんちゃらってやーつ。なので、釣れる気しかしない。

少年3 (1)少年4

タンクトッパーのハンマーさんと怪物くんっぽいヘイワさん。赤いDaiwaのキャップが素敵です!

少年5

風もなく湿気と匂いが体にまとわりつく。水面は緑色に淀みルアーが通り過ぎた後に大きな泡が残る。移動しましょう。

少年6

青い空と白い雲。程よい流れと風。意味はないけど釣れる気しかしない。今日2回目のときめき。

少年7

気持ちが高ぶりサミングを忘れる。僕のあるあるです。

口数少なめ釣り濃いめ、家系ラーメン的に上流を目指す。ヘイワさんがオールドなルアーで岸際を丁寧に攻める。

ボカンッ!!

少年8.jpg

ロッドが絞り込まれ中々魚が顔を出さない。そして右へ左へ。

強烈なファイトを楽しんだヘイワさん。お魚さんとどんな会話をしたのだろうか。きっと“お前じゃないけどありがとう”かなぁ。

家系ラーメン的にいうと、上流は水少なめお魚少なめ。最上流は諦めてゆっくりと川下りを楽しむ。

そういえばモリさんはチョップマンで釣っていたなぁ。岸際でしっかりとルアーをアピール、そしてゆっくりとペラを回して回収。こんな感じかな。

ボカンッ!!

少年15

今年2匹目のお魚さんに手が震え少年のように笑顔がこぼれ落ちた。

少年10少年11少年12

今年最後の冷やし中華をゆっくりと味わう。そして。3カ所目の場所へ向かう。今日3回目のときめき。

少年13少年9

夕方5時を告げるチャイムがなっても遊ぶことをやめない少年のように僕たちは遊び続けた。

少年14

そして僕たちの1日が終わった。

Tony Tuff “The First Time I Met You”

ハンマーさん、運転と操船ありがとうございました。素敵なガイドでした。ヘイワさん、またゆっくり遊びましょう!

少年16少年17

僕たちが訪れたその夜に台風が千葉を襲った。今できることを考える。できることは少ないかもしれない。その土地を思う気持ちだけでも何かが変わると思う。

今まで以上に千葉へ遊びに行こうと思う。観光、釣り、しすい亭へ。あっテイクアウトのコロッケも最高でした。ぺろり。

Ue

 

 

jammin’ について

We're jammin jammin and i hope you like jammin,too by Shake Gen Ue
カテゴリー: Surface Fishing パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中