うつろい

どこかの国では澄み切った青空に映る飛行機雲を人々が希望の眼差しで見つめていたという。僕はそこまで深く思い考えて見つめていたわけではない。ただ、今日の釣りを少しだけ振り返っていた。

うつ14

空を二分していた飛行機雲を見ていると距離と壁という言葉が頭に浮かぶ。くっきりと描かれた直線は時の経過とともに形を変えながらゆっくりと消えて行く。

うつ2.JPG

前回は挨拶程度の釣り。だからまだ少し距離がある。一緒の船に乗ることで、測ることのできない距離が変化して行く。その変化はとてもゆっくりとしたもの。言葉で例えるならうつろいかな。

うつ3

僕にとっての壁は釣れないってやーつ。昔は壁を乗り越えまた次に進んでいた。今はどうか。釣れない壁をも楽しんでいる。そうすると、たまに壁も崩れる事がある。

うつ4.JPG

1月の釣行で呪いをかけられた(笑)その呪いは6ヶ月後に解けるとのこと。今日はちょうどそんなタイミング。遅ればせながら僕にも春が来たみたい。日差しは真夏でしたが。

距離の縮め方はさまざま。会話だったり、ちょっとした気遣いだったり。僕は若い2人の背中を見ながら、程よく距離が縮まったと感じた。だからこそ出会えたお魚かな。

うつ8

鮭と釣り人は上流が好き。その代償はバッテリー切れ。皆で仲良く手漕ぎを楽しむ。いや、合宿だったね。

うつ10うつ11.JPG

何年か前にJFLCCで会ってからゆっくりと距離を縮めて来た。なので、こんな時に連絡が出来る仲になった。バッテリー有難うございました。ぺこり。

あっ、酒々井近辺で食事をするなら、しすい亭でご飯を召し上がれー!メンコロがオススメです。

うつ12

しすい亭ランチを逃した僕達は手漕ぎで疲れ切った心と体に少し濃い目のスープをゆっくりと染み込ませる。至福のひととき。

うつ13

午後の部は時間も無いので近場の水辺にプカリと浮かぶ。日差しを遮る風裏のシェード、満水でクリアな水、出る気しかしないと雰囲気に飲み込まれた僕達は無言でキャストを続ける。何度か“しゃべれよ”と三村ばりのツッコミを入れながら時間だけが過ぎて行く。うっすらと闇が訪れストップフィッシング。もう少し釣りを続けたかったけど、楽しみは次回に残しておくもの。またゆっくりと遊びに行きましょう。

うつろいという言葉は変化の過程を表している。僕的にはゆっくりと時間かけ変化していく様。進んでは下がり下がっては進む。書き終えるまでに時間が掛かる僕のブログのようにね。

Frankie Paul “Slow Down”

Ue

広告

jammin’ について

We're jammin jammin and i hope you like jammin,too by Shake Gen Ue
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中