風の吹くまま気の向くまま 

その時の状況や気分で決める “風の吹くまま気の向くまま” サルーダくんとの釣行はまさにそんな感じ。

“今年は月1でリンクしましょー!” なんて話していたが、タイミングが合わず2ヶ月ぶりの釣行。“どこ行きますか?” “川も気になるしダムも気になる…” って、水辺全部が気になる欲張りな2人。“朝決めましょー!”

川の流れに身をゆだねる流木のように、さて今日は何処に行きますかな。

“Ueくん、気になる川があるんだよねー” ってことで、先ずは房総の川に浮いてきた。

風の吹くまま0

前回完全試合をくらった川。到着すると同時に空に青みがましてくる。木々がざわめき水面に波紋が広がる。まさか、今日は、、

水面を良く見るとかなりマッディ。流れが幾分強いアウトサイドベンドの硬い障害物や流れ込みメインで、、なんて考えながらプカリ。

“あの流れ込みイイみたいですよー” サルーダくんが流れ込みにペンシルを送り込む。キレイにダンスするが何もない。フォローでオレのペンシルを送り込む。少しだけ流れに身をゆだねダンスし始めた瞬間、、

ボカンッッ!!

久々の朝一バイト!だけどすっぽ抜け。もう一度ペンシルを送り込む。

ボカンッッ!!

音はサイコーだけど、、すっぽ抜け。ありゃ……。

土壁とテトラの境い目にペンシルを送り込む。なんだか今日はペンシルで遊びたい。そんな一日。

ペチッペチッペチペチ……パチンッッ!!

1、2、3…慌てずしっかりあわせるがのらない。悔しいけどオサカナからのご挨拶があっただけで船上はハイテンション!!

下流はどうもニゴリがきつい。上流に向かって船を走らせる。流れのあるブッシュエリア。トリプルフックのペンシルをブッシュの奥に送り込む。ポチャリ。

ペチッペチッペチペチ……ボカンッ!

ディスティルGM58がキレイに弧を描く。竿をねかせてオサカナとのやり取りを楽しみながら一気に寄せると、、

くるんっ。。

風の吹くまま1

ナマズくんでした。。まっ…楽しませてもらったし。

風の吹くまま3

更に上流に船を進めるとまたもや流れ込みを発見。サルーダくんの目が輝く。流れ込みにペンシルを送り込む。ポチャリ。

ペチッペチッ……ボカンッ!!

“Ueくん来たぁー!”

風の吹くまま2

“やっちまったなぁー!” そんな声と同時にあがってきたオサカナは鯉。“この前釣ったばかりだよ…鯉” 鯉師に転向ですね。。

風の吹くまま5 (1)

ニゴリを避けながら上流に向かうが何もない。さて、、戻りますかな。エントリーポイント付近でどうやらオレの電池切れ。昨晩は珍しく寝付けずノー睡眠。操船お願いし……むにゃむにゃ。。

暑い!!夏の日差しに起こされる。膝が真っ赤チン…ひりひり。さてと、お昼ご飯でも食べに行きましょうー。

40miles STATION

風の吹くまま6

サルーダくんのお友達ミノル店長さんが働いている40miles STATION。ムラスポが経営しているカリフォルニアスタイルのドライブインって感じかな。海も近くボリューム満点のハンバーガーやメキシカン料理。テラス席はブジュもOK…素敵。洋服屋も隣接していて店内はSK8やサーフ系の人で大賑わい。何だかほっこりしちゃいます。ハンバーガーにチリコンカーン…とっても美味しかったなぁ。また遊びに行きまーす…むにゃむにゃ。

“Ueくん、、行く?”

すっかり長居してしまい昼寝するのを忘れちゃったけど、、行きますか!

ってか、どこに行きましょ?近場も気になるけど、、ヒグラシの森で癒されたい!ってことで車を走らせる。

風の吹くまま7

ざわめく森に包まれながらプカリ。何だか釣れそうな予感!はいつもの事。。

風の吹くまま8

釣れないとネタが無いので…ルワーをパシャリ。

ペンシル、ポッパー、スイッシャー、、の首ふりで少し腱鞘炎気味。でもこの疲れが心地よい。

風裏のワンド。緩やかな駆け上がりと立ち木が隣接するエリア。しかもシェード。じゅるり。立ち木の奥にペンシルをポチャリ。着水と同時にペンシルを優しくダンスさせる。ドキドキ…

ペチッペチッ……パシュッ!!

1、2、3、、どりゃ!…するり。ケツフックが口から外れる。ペンシルがゆっくりと空を舞う。何であの時ってスローに見えるのかな、不思議。

15時頃の出来事。夏のこの時間帯。ペンシルにオサカナが喰らいつく。たまりませんな。

風の吹くまま11

“Ueさん、橋脚と立ち木狙っていても出ませんよ” 最近よく言われる言葉を思い出す。だって昔は出たんだよ。

ダムのど真ん中にある立ち木が妙に気になる。いつもは全く投げないけど、、イイ感じの減水で何時も以上に雰囲気のある立ち木。アワシマさんの言葉を思い出す。立ち木やブイを狙う時は、太陽と水の流れを考える。フムフム。珍しく脳みそが回転する。ポチャリ。

ペチッペチッペチッ……。コツッ。立ち木にご挨拶。ペチッペチッ…ボカンッ!!

“サルーダくん、、逃がしたくない!” 何だかよく分からない言葉を発しながらのゴリマキ。

風の吹くまま9

T19-TEEとペンシルと40UP!サイコーに嬉しい一匹です。にやり。

風の吹くまま10

そろそろ夕マヅメ。イメージでは、じっとりと汗をかきムシムシした夏の夕方…なんだけど、ちと寒い。。

風の吹くまま12

オサカナからのご挨拶は無く時間だけが過ぎてゆく。集中力が切れてきた頃ヒグラシの大合唱が始まる。目を閉じヒグラシの唄に耳を傾ける。サルーダくんはヒグラシの森の中に入り込む。むにゃむにゃ。

風の吹くまま13

子供の頃って限界が分からないから全力で遊び、そして寝落ちする。まさにそんな感じ。今日はそろそろ上がりますかな。

帰り際気になるワンドを攻める。オサカナがサルーダくんのルワーに襲い掛かるが、ボート手前でプイッ。残念だったけど、、2人の口から出た言葉は…

“大満足!帰りましょー!”

のんびりと風の吹くまま気の向くままに釣りを楽しむ。釣りという遊びの中で自然や食を楽しむ。最高の休日でした。またゆっくり行きましょう!

風の吹くまま14

Ue

広告

jammin’ について

We're jammin jammin and i hope you like jammin,too by Shake Gen Ue
カテゴリー: Surface Fishing パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中