High Five

称賛、祝勝を意味するジェスチャー“High Five”スポーツが起源と言われ、手を高く上げ迎え称える。なぜFiveなのか、手の平と5本の指を用いることからとされているが、定かではない。因みに、AKB48の“GIVE ME FIVE”は、ハイタッチを意味する成句らしい。ウィキペデアより。

記憶が正しければ4-5年ぶりの釣行。多分、86合宿以来かな。あの頃と今…きっと何も変わらない。何故ならサイトーくんも釣りが大好きだから。変わったことといえば、共に家族が出来たこと。ウチの家族は、、モチロンBuju!!

事前に情報をゲットンするつもりが、お友達をゲットン。サイトーくん、ズッキくん、マスター、にーさん、キタさん…夏の房総ダムにオヤジ6人でプカリと浮いてきた。今回のセッションに名前を付けるとしたら“房総JAZZ PROMENADE”って感じ。ゆるり。

HF1

6人中、4人がパイセン!とくれば、集合時間は10:30ごろ。ゆるり。コンビニで思い思いにお喋りをしてオープン前の定食屋を目指す。

HF2

マスター「昨日、麻婆豆腐食べたからなぁ。すみません!麻婆丼!!」……好きなんですね。因みにオレは名物のルースー麺。名物はルースー丼でしたね。同じか。。

HF3HF4

ヤル気マンマン…の、にーさん&キタさん艇。ルヮー談義をしながらゆっくり進むサイトーくん&マスター艇。

HF5

釣らせないガイド…ズッキくん&オレに分かれて、房総バスが演奏している各ステージに向かう。

HF6

雰囲気を味わう為に、、プシュッ!ノンアルよりビアーが呑みたいっ!!

HF8HF7

バックウォーターステージに向かいながら、憩いの場やドリンクコーナーを探ってみるが反応は無い。

アンダーの方とすれ違い情報交換をする。濁りがキツく、口を使わないとの事。バックウォーターステージ前のDJブースエリアはゴミだらけらしい。トップは厳しいですよーと。エロエロありがとうございましたぁ!あっ…情報が全然無くてすみません。唯一の情報としては、イキフングンバツ!ってことだけ。。

HF6.5

ズッキくんと2人でプカリするのは初めてかも。なので、ひたすら喋る。何を喋ったかは覚えていないが、バイトを見逃すくらい盛り上がっていた。

ガヤガヤガヤ…ズ「ウエさんルヮー消えていますよ!」 ウ「ありゃ…」…ガヤガヤガヤ。

そんな時にしか反応が無かったのも事実。スマイルフィッシングですなぁ。

DJブースエリアのゴミを片付け、目的のバックウォーターステージに到着。2人で声を合わせて「やっぱりここだよね!」と。やっぱりの意味が分からないけど上流には夢がある。そんな気がする。

耳を澄ませば、ダムがスウィングしている。岩盤にあたる風の音。森のざわめき。オレ達の鼓動。あっ…この音は妄想ね。

シャロー絡みの岩盤。その手前にあるブッシュ。その隙間。じゅるり。

HF9

手にしたのはHigh-Five Kiri-Kiwi。ボロボロなのは勲章!岩盤にご挨拶しまっくった証。腕を磨かないとですなぁ。。

ルヮーをポチャリ。ステージに上がれば、、先ずはポーズ。歓声と共に演奏が始まる。ヒラリヒラリヒラリ…ヒラッヒラッ…パシュ!!

スタンディング!でゴリ巻き。観客に気を取られ、よそ見していたのが良かったみたい。ガッツリフッキング!

HF10

久々の房総バスにハイテンション。ズッキくんとHigh Five!じゃなく、、握手。よく考えたらボーリング以外でHigh Fiveした記憶がない。ボーリングもしないけど。まっ気持ちって事で。

HF11

ここからは釣れないガイドのオレが操船。夕マヅメのスタンプステージを目指し一気に下る。

途中でサイトーくん&マスター艇と合流。マスターは6バイト1フィッシュ。チャッチャッチャッ…ペンシルポッパーがキモらしい。サスガ!!サイトーくんは1バイ。まだまだこれから。夕マヅメ楽しみましょー。

HF12

青い空が徐々に深みを増してゆく。同時に日が沈み始める。

そんな時の出来事。ズッキくんの携帯に1本の電話がはいる。相手はホロ酔いのヘソさん。その会話に度肝を抜かれる。“マッキーさんが カ…バド…6……中身…” 気になる気になる。

ズ「マッキーさんがカイバードで61」

ヒュー!High Five!!無意識のうちに携帯に手が伸びる。電話越しの声がフワフワフワ…

ウ「おめでとーございます!」 マ「サンキュー。鳥がいてさぁ。思いついたのがカイバード。あっ、皆はツジテンと漁礁に向かったよ。あっ、、帰ったら飯行こう。」

…フワフワフワ。今度ゆっくり聞かせて下さーい。

ズッキくんもオレもマッキーくんとの会話でお腹いっぱい。今日はもうイイかな。スタンプステージは残り20分。せっかくだし、、ビアー片手に最後の演奏を聴きに行きますかなぁ…そんな感じ。

スタンプステージは360℃見渡せる。なだらかな駆け上がり。点在するスタンプ。その先の立ち木。ボートをポイントに滑り込ませる。

オレはヨメと電話中。話題はモチロンカイバード。確か、あの時、、ヨメに突っ込まれたもんなぁ。“何でカイバード買ってこなかったの…ピンクでしょ!”って。突然ズッキくんの竿がしなる。

ズ「かるーく投げたら釣れちゃいました」

ズ「あっ…もう一本釣れちゃいました」

ズッキくん、、ナーイス!

HF13HF14

SIXTY-ONE STYLEでパシャリ。あらためて、マッキーくんにHigh Five!!

サイトーくんとの久々の釣行。マスター、にーさん、キタさんとのセッション。ズッキガイドサービス。とっても楽しい“房総JAZZ PROMENADE”でした。ぺこり。

HF15

シメは、、サイトーくんと本日2回目のラーメン。今まで素通りしていた町の中華屋。味濃い目。疲れた体に沁みこむ。旨い。思わず、、High Five!!

Ue

広告

jammin’ について

We're jammin jammin and i hope you like jammin,too by Shake Gen Ue
カテゴリー: Surface Fishing パーマリンク

High Five への2件のフィードバック

  1. zookey より:

    靴下はずしたはずなのに!ルースーにデザート2匹、ごちでした。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中